h2604 むさしクラブブリテン

misashi201404「人は所詮時代の子」といいますが、ある時代には光輝いていた人や言葉、歌、小説、が次の時代の風にはぼろきれの様に吹き晒され、一瞥もくれられなく成ってしまうのは数多繰り返される世の常というものなのでしょうか。

pdf熊本むさしクラブ04月ブリテン