ファンド事業通信 №02

アドヴェント(待降節)に入り、イエス・キリストの聖誕をお祝いする季節を迎えました。各クラブもクリスマス例会で楽しい一時が用意されることでしょう。クリスマスで何時も思い出すのは、英国の文豪チャールズ・ディケンズの『クリスマス・キャロル』です。この『クリスマス・キャロル』が発表された翌年の1844年に、ロンドンの貧困の中から世界最初のYMCAが産声をあげました。ワイズメンは「未来を見たスクルージ」ではないでしょうか。