h241120 Yサ・ASF事業実施報告書

1.事業名      第43回 全国YMCAリーダー研修会
2.実施年月日   2012年10月6日~8日
3.実施場所     阿蘇YMCA

Yサ資金  報告書
2012-2013九州部 Yサ・ユース主査 藤本 義隆
『第43回 全国YMCAリーダー研修会』

全国各地から97名のリーダー達が、阿蘇YMCAに集まりました。一番遠くからの参加者は北海道・札幌YMCAから、男性のリーダーが参加していました。
先ず、この研修会で、ワイズとして関われた事に、感謝いたします。

ワイズメンズクラブの支援と参加は、2泊3日の中で、食事のサポート、グループシャッフル(討議)へ参加、夕べの集い参加、夕食提供でのワイズ交流会(BBQ)を実施しました。
食事のサポートは、厨房の手伝いや配膳を協力しすべての食事で行いました。
主に、ヤングクラブから3名、阿蘇クラブから2名で、100名近い食事を手伝いました。阿蘇YMCAのスタッフの方からも、大変助かりましたと、お礼の言葉をいただきました。

今回のメインプログラムは、2日目の午後14時から19時までは、各ワイズメンズクラブから計10名参加していただき、グループシャッフル、夕べの集い、交流会と過ごしました。
グループシャッフル参加の際は、リーダー達の熱い討議を聞き、素晴らしい内容でYMCAでの出来事を真剣に議論し感心いたしました。その中で、ワイズの方から質問したり、ワイズの方の話に耳を傾けたり、とても有意義な時間を過ごせました。
夕べの集いの際には、福島九州部長がワイズメンズクラブはリーダー達を応援します。とワイズの活動の紹介や説明を10分間していただき、それに続き、参加のワイズメンの紹介と挨拶を行いました。その中で、私は、「ワイズメンズクラブって知っていますか?」と尋ねました。そしたら、8割以上の手があがりうれしく思いました。そして、「では、ワイズメンズクラブがどんな活動をしているかわかりますか?」って質問すると、ほとんどのリーダーが手を下ろし、数名だけでした。全国のワイズの素晴らしい活動を知ってもらう為にも、もっとワイズとユースリーダーの交流会を各ワイズメンズクラブで増やし、YMCAとユースリーダー、YMCAとワイズと言った線の関係ではなく、YMCA、ユースリーダー、ワイズの関係を輪にしていく事が大事だと改めて思いました。
交流会では、差し入れで、みかんとさつまいもを用意し、ピザ釜でさつまいもを焼いて、BBQの火を囲み各テーブルにワイズが入り、交流いたしました。リーダー達は、おいしいお肉におなか一杯になり、テンションも上がり、後半は、ギターや打楽器が出てきてYMCAのキャンプソングを、肩を組んでみんなで歌って、終始盛り上がっていました。最後に、リーダー達から、笑顔でありがとうございました。と言われ、この活動が、全国に広がり、後にこの中からワイズメンが誕生すると願っています。

最後にワイズから、記念品として、全国YMCAリーダー研修会の寄せ書きする板をプレゼントいたしました。その板は、現在、阿蘇YMCAに飾られています。
来年の全国YMCAリーダー研修会は、京都YMCA主幹です。
西日本区での開催ですので応援したいと思います。
以上

≪今回、ワイズメンズクラブが全国YMCAリーダー研修会へ参加しての気づき≫
良かった点
・とても感謝された。
・リーダー達の生の声が聞けた。
・リーダー達から刺激を受けた。
・全国レベルでのワイズへの認知度、理解度が確認できた。
・一緒に活動する事で、顔を覚え、今後の活動に繋がる。
・リーダー、ワイズお互いを理解できた。
・研修会は、リーダーが主役なので、ワイズは控えめでよい。
・形に残せる物が出来てよかった。(寄せ書きの板)
・ヤングワイズの方がいる事で、若い人もいるって知ってもらえた。
・外でBBQと言う雰囲気が良かった。
・実行委員会の話し合いから参加していたから、打ち合わせもし易かったし、内容を十分に理解できたから、ワイズの人にも案内を出しやすかった。

反省点
・ワイズの参加が少なかった。でも、多すぎるのもどうかと思うので10~20名。

次につなげる点
・リーダーの討議には、見学でもいいから、参加したがよい。
・交流の場とワイズ活動の説明の場を分けたからよかった。
・若いワイズメン、会歴の浅いワイズメンを積極的に参加させてほしい。刺激になる。
・関わるのは、2日目の午後からで5時間程でちょうど良かった。
・全リ研のスタイルも毎回違うので、その時にあった活動(関わり)を目指す。
・記念に残るように寄せ書き用の板を喜んでもらえた!
・九州以外で全リ研を支援された場合は、関係を全リ研だけで終わらせずに、その後のリーダーとワイズの交流会を増やしてください。

参考資料(用語説明)
グループッシャッフル…今回の研修会では、グループ討議だけでなく、グループをシャッフルして、違うメンバーと討議を行うスタイルを行っていました。そのシャッフルが4回あった内の2回に参加しました。

≪感想文≫
熊本みなみクラブ会長 桑原純一郎
感想としては、
全国から集まったYMCAリーダー達の、熱のこもった議論やバーベキューでの元気いっぱいの歌声は、若さに溢れてとても清々しく感じました。
みなみYMCAからの参加者がいなかったのは残念ですが、今後も、このようなリーダーとワイズとの交流の場を継続して持てるようになればいいなと思います。
______________________________________________
熊本にしクラブ 井手舞子
2012年10月6~8日にわたって全国YMCAリーダー研修会が阿蘇YMCAで行われ、
ワイズメンズクラブとして、グループシャッフルの見学、夕食の準備、夕べの集いに参加させて頂きました。
リーダー方のグループシャッフルは10個のテーマに即して、各々の意見を交換するディスカッションタイプの話し合いだったのですが、流石、普段からリーダーとして活動されている事もあり、積極的に物事に取組む姿勢、協調性、問題意識の高さ、壁にぶつかっても乗り越えようとするエネルギッシュさを感じ、自分も初心に返る思いでした。
夕べの集いや交流会でも、いつしか輪になり、肩を組み、歌を歌う姿は、何とも言えない素晴らしい光景で、ワイズに通じるものがあるなと感じました。
私が活動に参加したのは、ほんの数時間でしたが、YMCAのリーダー達と同じ時間を共有する事で、意味深い時間を過ごせましたし、良い刺激を受けさせて頂きました。
こういった機会を与えて下さったYMCAの方々、Yサ・ユースの藤本ワイズに心より感謝申し上げます。
ありがとうございました。
_____________________________________________
熊本ヤング 岩本守弘
グループ討論で、普段リーダーをしている時の悩みや喜びを、全国の仲間たちと惜しげもなく共有している姿は、二十歳前後の若者とは思えないほど、たくましく感じました。
また夜の交流会では、一人の女子リーダーがギターを弾きながら歌いだした途端、全員が輪になって大声で大合唱!圧倒されました!
これから社会にはばたく若者たちの、純粋でパワフルなエネルギーを間近で感じ、心が洗われる感じがした、全国YMCAリーダー研修会でした。
______________________________________________
九州部長 福島貴志
10月6日~8日にかけて、阿蘇YMCAにて全国YMCAリーダー研修会が開催されました。
ワークショップでは、リーダー達の熱い議論が…。
子供たちと向き合い方やリーダーとしての思い。リーダー活動を見る機会がないので、リーダー達とのふれあいの中で少しだけ、彼らの活動について理解できたように感じます。
この研修会を通じて、脈々とYMCAの活動が次のリーダーへ受け継がれていくことでしょう。そういう事を考えるとそのサポーターでもあるワイズ運動は、リーダーからサポーターへ移行する場としての提供がもう一つ必要なのかもしれません。まだまだ、私たち自身がリーダーと触れ合う機会が少なく、リーダー自身も私たちの活動を理解していないのではないかと感じています。今回のテーマが「初心」長く活動しているとどうしても忘れがちな本来の目的に帰ることの大事さを考えていくプログラムでした。
_____________________________________________
阿蘇ワイズ 藤本義隆(九州部Yサ・ユース主査)
リーダーOBとして、そしてワイズメンとして2泊3日参加してきました。
リーダーたちの盛り上がりを見ていて、懐かしくもあり、今も昔も何も変わらないなぁーって思いました。自分が参加した全国YMCAリーダー研修会は、東京YMCA主幹で山中湖センターであり、そこで出会った仲間たちは、10年経つ今でも連絡を取り合ったり、年賀状のやり取りが続いています。
今回参加したリーダーたちも、何かを感じ、大切な仲間と成長し、初日の顔つきと最終日ではまるで別人のように輝きが変わっていました。
また、参加した熊本のリーダーたちの話を聞いていると、楽しかった。参加してよかったと口々にしていました。YMCAとは、人を成長させてくれる場所だと改めて思いました。
また、熊本の参加していただいたワイズの方々が11名いて、討議やBBQ、交流会、とても盛り上がりました。ありがとうございました。
リーダーたちが研修会で何を議論してるのか?どんな事をしているのかが少しは理解していただけたと思います。また、リーダーたちはワイズの活動をみて、少しは理解し、知ってもらえたと思います。少しでも、興味を持ち、YMCAが好きなリーダーなら、これからの活動の中でワイズメンズクラブに誘っていきたいです。その為に、ヤングクラブの存在が大きいと思います。
リーダーの支援もワイズ活動の一つなので、サポートで参加出来て、とても楽しかったです。  以上

 

全国リーダー研修会報告書のダウンロードはコチラ